スムージーなら妊婦さんの肌荒れも改善できます

妊娠中じゃなくても、1日に必要な栄養素を摂るのは大変です。

 

特に妊娠中は栄養に気を配らなければいけませんから、食事内容はとても大切。

 

また、妊娠中には避けたい栄養素もありますから、これらをきちんと見極めて食べることが大切です。

 

 

●妊娠中に必要な栄養素とは
代表的な栄養素は、『葉酸』です。葉酸は、赤ちゃんの脳や神経を作るとても大切な栄養素です。葉酸が不足すると、脳や神経に先天性の異常や障害のリスクが高くなり、健康的な赤ちゃんを出産できなくなってしまいます。もちろん、ほとんどの妊婦さんは葉酸をしっかり摂っているので問題ありません。そういう心配もあるということを、頭に入れておくと安心です。しかし、妊娠中に必要な栄養素は何も葉酸だけではありません。DHAやEPA、カルシウムや鉄分、タンパク質なども必要になってきます。DHAやEPAは、青魚に多く含まれていることで知られていますね。赤ちゃんの運動や行動情緒発達に効果があるといわれています。

 

●妊娠中に避けたい栄養素とは
一番知っておきたいのが、『避けたい栄養素』です。なかには、胎児に悪影響を及ぼすものもあるので、知っておくと安心です。代表的な栄養素は、レバーなどに多く含まれる『ビタミンA』です。適量なら良いですが、妊娠3か月までは過剰摂取は避けましょう。ただ、同じビタミンAでもβカロテンならOKです。にんじんに多く含まれ、不足した栄養を補ってくれます。

 

妊婦さんは、体にさまざまな異変が起こります。それは、便秘だったり、肌荒れだったり、マタニティーブルーだったり、疲労を感じたり突然起こります。スムージーでこれらの症状を緩和してあげましょう。